琉球王国時代へタイムスリップ!【首里城】ツアー

Photo by muk

日本の観光スポットの中でも季節を問わず人気なのが沖縄。
そんな沖縄を代表する観光スポットのひとつに“首里城”があります。

450年もの歴史を持つ首里城は、沖縄がかつて【琉球】と呼ばれていた時代、
東南アジアや日本本土との貿易や政治、文化の中心として栄えた場所であり、
琉球王国の一時代を築いた神聖なお城とされています。
2000年12月には首里城跡が世界遺産にも登録され、整備と復興を繰り返しながら、
当時の琉球の息吹を今に伝える文化財として存在しています。
 
 

Photo by muk

年間を通して沢山の観光客が訪れる首里城は、無料エリア、有料エリアと区域が分かれており、
それぞれ異なる魅力や見ごたえがたっぷり!
当時の琉球の空気感と文化を間近で感じられる首里城の魅力をお伝えしていきます◎
 
 

Photo by muk

※首里城に訪れる前に※
首里城は標高120~130メートルの場所にあり、階段や坂を登る機会が多いうえに、
当時の雰囲気を再現した石畳道(平たい石を敷き詰めた道)が続くのでスニーカーで行くのがおススメです!
また、とても神聖なスポットでもあるのでルールを守って観光しましょう♪
 
 

Photo by muk

正殿へ向かう道のりの始めに堂々たる雰囲気を放つ【守礼門】。
守礼とは、礼儀や節度を守るという意味だそうで【琉球は礼儀や節度を守る国である】という意味が込められているそうです。
晴れた日には青い空と赤のコントラストがとても美しく、守礼門の前で写真を撮る人もたくさん見られます。 
 
 

Photo by muk

Photo by muk

福を行き渡せるという意味がこめられている【広福門】。
広福門をくぐると有料エリアに入るための券売所があり、そこでチケットを購入し城内へ進みます!
 
 

Photo by muk

Photo by muk

首里城の中心的な建物である【首里城正殿】。
かつて国王が政治や儀式を行ってきた場所で、屋根や入口に鎮座する龍は、国王の姿を意味しているそうです。
首里城の色鮮やかな朱色と装飾にはうっとり見とれてしまいます。。。
この時は残念ながら修復工事中でしたが、それでも当時のお城の雰囲気と迫力、土地のパワーを感じることができました。
 
 

Photo by muk

そしていざ首里城の中へ!
ここでは歴史的な書物や展示物などが置かれ、首里城の歴史を学べる必見のエリアになっています。
写真は王座として使われていた場所で、宴や儀式が行われていた場所だそうです。
当時の様子が忠実に再現された見どころたっぷりのエリアが続いていきます!
 
 

Photo by muk

Photo by muk

国王が執務の間に休息されていたとされる【奥書院】や庭園も。
ここには当時の伝統菓子やお茶を味わうことができる場所があり、見学の合間に一休みすることも出来ますよ◎
当時の国王が休んでいたとされる場所で同じ体験ができるなんて、とっても貴重ですよね*
 
 

Photo by muk

ここで紹介したのはほんの一部!
他にも壮大な景色が見られる高台、首里城時代の文化をじっくり知ることができる展示室や
沖縄ならではの植物が見られる場所など、発見や楽しみ方が数多く存在します。
歴史を感じながら新たな発見ができる【首里城】。
そこではタイプスリップしたような不思議な時間が待っているはずです◎
 
 

首里城
沖縄県那覇市首里金城町1丁目2

http://oki-park.jp/shurijo/ht/

Writer: muk

Share this with your friends!!

DOWNLOAD APP NOW!!

るるぶ OMOTENASHI Travel Guide

  • App Store
  • Google play

DOWNLOAD APP NOW!!

るるぶ OMOTENASHI Travel Guide

  • Google play
  • App Store