水木しげるロード&記念館に行ってみた!

Photo by inco

ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ〜♪
B4J読者のみなさん、日本で長年愛されている「ゲゲゲの鬼太郎」はご存知ですか?
台湾でもアニメやCMが放送され、数年前の展示会でも多くの動員があった日本の漫画です。
今回は作者の水木しげるさんの記念館と、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクター達がたくさんいる『水木しげるロード』を取材して来ました!
 
 

Photo by inco

Photo by inco

鳥取県境港市。水木しげるが幼少期を過ごした地に、「日本一の妖怪ストリート」があります。
向かう際に乗ったのはとっても可愛い「ねこ娘列車」!
JR境線の米子駅0番乗り場から、終点の境港駅まで、すべての駅に妖怪の名前がついているんですよ☆
 
 

Photo by inco

境港駅は「鬼太郎駅」という愛称が付けられていました。
駅のベンチにも妖怪達がいっぱい!
 
 

Photo by inco

Photo by inco

Photo by inco

水木しげるロードには、ゲゲゲの鬼太郎に登場する妖怪達がた〜くさん!
ブロンズ像に至っては、2017年現在、なんと171体が並んでいるそうです…!
街全体がアミューズメントパークのようになっていましたよ!
 
 

Photo by tomato

水木しげるロードを楽しんでいると『水木しげる記念館』に着きました!
この建物は、100年の歴史がある料亭を改装して作られたのだそう。
ちなみに、館内は撮影禁止エリアがあるので気をつけてくださいね。
 
 

Photo by inco

Photo by inco

記念館では鬼太郎だけでなく、戦争漫画や幻想漫画など、選りすぐりの水木しげる作品が紹介されています!
 
 

Photo by inco

館内には妖怪と一緒に写れる撮影スポットも☆
 
 

Photo by inco

2014年に93歳で亡くなった水木しげるさん。
戦争の折には利き腕を無くし、日本へ戻るも貧しい日々が続く中、紙芝居や漫画を描き続けたそう。
超がつくほどのマイペースで好奇心旺盛な水木さんの名言・格言は、ハッとさせられるものばかりです。
 
 

Photo by inco

ちょっと恐いけど憎めない妖怪達や、
日本が誇る漫画家であり、妖怪研究家であり、冒険旅行家の水木しげるさんのこと、是非知ってみてくださいね!
 
 

【施設情報】
水木しげる記念館

■営業時間
9:30分~17:00(入館受付は閉館30分前まで)
※ただし夏休み期間中は18:00時まで開館

■休館日
年中無休

■料金
一般:700円
中高生:500円
小学生:300円
※「外国人の方の料金についてはお問い合わせください」とのこと(公式サイトより)

Writer:inco

Share this with your friends!!

DOWNLOAD APP NOW!!

るるぶ OMOTENASHI Travel Guide

  • App Store
  • Google play

DOWNLOAD APP NOW!!

るるぶ OMOTENASHI Travel Guide

  • Google play
  • App Store